カテゴリー

クライアント証明書を登録する(Windows/Microsoft Edge)

クライアント証明書を登録する

ここでは、次の環境を例に説明します。

  • OS:Windows 10
  • Webブラウザ:Microsoft Edge

①証明書を開く

ダウンロードしたクライアント証明書([k+6桁の数字].p12)をダブルクリックします。
「証明書インポートウィザードの開始」が表示されるので、「次へ」をクリックします。

「ファイル名」の欄に、登録するクライアント証明書が表示されていることを確認します。

「次へ」をクリックします。

②証明書のパスワードを入力する

「パスワード」の欄にクライアント証明書のパスワードを入力します。メールに記載された証明書のパスワードを入力してください。

「すべての拡張プロパティを含める」を選択し「次へ」をクリックします。

③証明書の配置先を選択する

「証明書の種類に基づいて、自動的に証明書ストアを選択する」を選択し、「次へ」をクリックします。

「完了」をクリックします。

インポートに成功するとメッセージが表示されます。

④証明書の登録を確認する

コントロールパネルを開き、「ネットワークとインターネット」をクリックします。

「インターネットオプション」をクリックします。

「コンテンツ」タブをクリックし、「証明書」をクリックします。

「個人」タブで登録したクライアント証明書が表示されます。

クライアント証明書は『[顧客コード(k+6桁の数字)]』という名称で登録されます。
証明書の有効期限も上記画面で確認できます。