icon_tri_up_white Created with Sketch.

マスター設定
帳票管理
カテゴリー

帳票ひな型の作成

帳票ひな型とは

帳票ひな型とは、帳票出力する元となるExcelファイルまたはPower Pointファイルのことです。
業務経歴書や社員名簿、辞令通知書などを帳票出力したい場合は、それぞれの帳票ひな型を作成、設定することで出力可能になります。

ひな型のイメージ

Excelひな型イメージ

Power Pointひな型イメージ

テンプレート

Excelファイルの労働者名簿ひな型はテンプレートとしてご用意しております。
ダウンロード後は帳票タグの入力規則に沿って、自社のレイアウト設定に合わせてタグを調整してください。
労働者名簿のテンプレートをダウンロードする

帳票タグ

基本的な帳票タグ

#<基本情報>#<ラベル名> 基本情報の<ラベル名>の項目値を表示します。
#<シート名>#<ラベル名> <シート名>のシートの<ラベル名>の項目値を表示します。

所属情報の帳票タグ

    【所属の例】
    営業本部>新規営業部>Aグループ
    (所属1>所属2>所属3)に所属している場合
帳票タグ 所属ツリーの階層 表示される部署名
#<基本情報>#<全所属> すべて 営業本部>新規営業部>Aグループ
#<基本情報>#<所属> 所属している最下層 Aグループ
#<基本情報>#<所属1> 第1階層 営業本部
#<基本情報>#<所属2> 第2階層 新規営業部
#<基本情報>#<所属3> 第3階層 Aグループ
#<基本情報>#<所属n> 第n階層

顔写真を表示させる帳票タグ

#<基本情報>#<顔写真詳細>#<大> 顔写真の画像(大サイズ)を表示します。
#<基本情報>#<顔写真詳細>#<中> 顔写真の画像(中サイズ)を表示します。
#<基本情報>#<顔写真詳細>#<小> 顔写真の画像(小サイズ)を表示します。

複数レコードシートの並び順指定

複数レコードシートの情報を参照する場合は、並べ替えの基準となる項目を指定する必要があります。
並べ替えの基準を指定しない場合、帳票に表示されるデータの関係性がなくなってしまいます。

例)所属履歴シートを表示する場合

  • 発令日・・・発令日(日付順)でソートされる
  • 終了日・・・終了日(日付順)でソートされる
  • 滞留期間・・・数値順でソートされる
  • 所属名・・・あいうえお順でソートされる
  •  
    →表示されているデータがそれぞれのルールで並び替えられてしまう

#<シート名>#<ラベル名01>↑<ラベル名02> <ラベル名01>を<ラベル名02>の項目で昇順に並べ替え、<ラベル名01>の項目値を表示します。
#<シート名>#<ラベル名01>↓<ラベル名02> <ラベル名01>を<ラベル名02>の項目で降順に並べ替え、<ラベル名01>の項目値を表示します。

並び替えた特定の番号の項目を表示する

[]を利用すると並び替えを行ったうえで、特定の番号のデータだけを表示することもできます。
#<シート名>#<ラベル名01>↑<ラベル名02>[n]
<シート名>の<ラベル名01>を<ラベル名02>の昇順に並べたときのn番目のデータを表示します

帳票タグ記述サンプル

  • #<基本情報>#<氏名>
    基本情報の氏名を表示します。
  • #<基本情報>#<所属1>
    1階層目の所属を表示します。
  • #<研修履歴>#<研修名>↑<受講日>
    研修履歴シートの研修名を受講日の昇順でソートし表示します。
  • #<所属履歴>#<所属名>↓<発令日>[3]
    所属履歴シートの所属名を発令日の降順でソートした3番目の所属名を表示します。
ご意見

問題は解決しましたか?

※こちらに記載いただいた内容にはご返信しておりません。ご要望・ご質問等ございましたら「お問合わせ」よりお願いいたします。
ご意見