ユーザー設定
拡張アクセス設定
カテゴリー

拡張アクセス設定を行う前に

注意点

アクセス管理との関係

アクセス管理の『見える情報』『編集できる情報』『その他の設定>帳票出力』において、各シートや項目、帳票に『本人』以外の追加/除外設定がされているロールについて、拡張アクセス設定は反映されます。

拡張アクセス設定を利用するためには、具体的には下記の設定が必要になります。

目的 拡張アクセス設定 アクセス設定
特定のメンバーを閲覧可能にしたい 閲覧可能メンバーを指定 追加設定>指定メンバーにチェック
特定の部署を閲覧可能にしたい 閲覧可能部署を指定 追加設定>指定所属にチェック
特定のメンバーを見せたくない 閲覧除外メンバーを指定 除外設定>指定メンバーにチェック
特定の部署を見せたくない 閲覧除外部署を指定 除外設定>指定所属にチェック

設定できるユーザー

拡張アクセス設定を行えるのは、『一般ユーザー』のみとなります。
管理者(Adm)ユーザーには設定できません。

拡張アクセス設定の更新

拡張アクセス設定は所属情報などに関係なく、ユーザーごとに行われます。
そのため組織改編などがあった場合は、拡張アクセス設定の更新が必要か確認してください。
参考利用シーン : 組織変更に対応して情報を更新したい

ご意見 ご意見

問題は解決しましたか?

※こちらに記載いただいた内容にはご返信しておりません。ご要望・ご質問等ございましたら「お問合わせ」よりお願いいたします。