icon_tri_up_white Created with Sketch.

マスター設定
レイアウト設定
カテゴリー

テキスト項目・数値・計算式

テキストボックス

テキストでデータを入力させたい項目に使います。改行を含まない短文形式の内容を入力させる時に使用します。

利用可否

基本情報 利用可
※入力可能な文字数の上限は100文字
シート情報 利用可
※入力可能な文字数の上限は3000文字(最大値)

設定画面

ラベル(項目)名を入力・編集します
詳細設定画面を開きます
パーツのサイズを調整できます(基本情報で最大3枠分まで、横型シート情報で最大4枠分まで、縦型シートで最大8枠分まで)

詳細設定画面

ラベル(項目)名を入力・編集します
入力できる文字数の上限を指定します(半角数字)
 ※基本情報に設置する場合の上限は100文字までで固定です
ラベルを非表示にします
必須の入力項目に指定します
「0埋め」を行う場合、チェックを付けて桁数を入力します(半角数字)
変更内容を反映します
詳細設定画面を閉じます

「0埋め」を使ってみよう

「0埋め」とは、「CSV入出力」でアップロードしたデータの桁数が指定より少ない時、不足している桁数分を先頭の「0」で補完することです。
例えば、0埋めを「6桁」で指定している時、「11」というデータをアップロードすると、先頭に0を補完して「000011」としてアップロードします。
携帯電話番号や資格番号など、決まった桁数で揃える必要がある(かつ、先頭に「0」が使用されている)場合には、「0埋め」設定をしておくことで「0落ち」(「0埋め」の反対で、先頭の0がなくなってしまうこと)を防ぐことができます。

※PROFILE BOOKの個人詳細画面から入力する場合、「0埋め」は機能しません。

設定例

家族氏名、電話番号

テキストエリア

テキストでデータを入力させたい項目に使います。
改行を含む長文形式の内容を入力させるときに使用します。

利用可否

基本情報 利用不可
シート情報 利用可

設定画面

ラベル(項目)名を入力・編集します
詳細設定画面を開きます
パーツのサイズを調整できます(横型シート情報で最大4枠分まで、縦型シートで最大8枠分まで)

詳細設定画面

ラベル(項目)名を入力・編集します
入力欄の段(行)数を指定します(半角数字)
入力できる文字数の上限を指定します(半角数字)
ラベルを非表示にします
必須の入力項目に指定します
変更内容を反映します
詳細設定画面を閉じます

設定例

面談コメント

ナンバーボックス

数値のデータを入力させたい項目に使います。

利用可否

基本情報 利用可
シート情報 利用可

設定画面

ラベル(項目)名を入力・編集します
単位を入力します
詳細設定画面を開きます
パーツのサイズを調整できます(基本情報で最大3枠分まで、横型シート情報で最大4枠分まで、縦型シートで最大8枠分まで)

詳細設定画面

ラベル(項目)名を入力・編集します
桁区切り表示にします
ラベルを非表示にします
必須の入力項目に指定します
変更内容を反映します
詳細設定画面を閉じます

設定例

最新給与、TOEICの点数

計算式

基本情報内・同一シート内の数値項目や固定値を用いて計算を行い、その結果を表示させたい項目に使います。

利用可否

基本情報 利用可
シート情報 利用可

設定画面

ラベル(項目)名を入力・編集します
単位を入力します
詳細設定画面を開きます
パーツのサイズを調整できます(基本情報で最大3枠分まで、シート情報で最大4枠分まで)

詳細設定画面

ラベル(項目)名を入力・編集します
計算式を入力します
出力形式を選択します
 ・文字列
 ・数値
 ・数値(桁区切り)
 ・年ヵ月
 ・年月日
小数点以下の値を表示する場合、桁数を入力します
ラベルを非表示にします
変更内容を反映します
詳細設定画面を閉じます

設定例

滞留期間・標準年齢

計算式の書式と関数

計算式に利用可能な文字は以下です。

関数 sum()、 today() など
利用可能な関数はこちらをご覧ください
項目指定 [基本情報][ラベル名]
[シート名][ラベル名]
[ラベル名]
四則演算記号 ( ) + – / *
数値 0123456789 、および小数を表すピリオド "."
関数内での不等号 <, >, =, <=, >=, <>
単位記号 "Y", "M", "D", "MD", "YM", "YD"
  • 上記は全て半角で表記してください
  • [ラベル名]で指定した場合は、自シート内の項目を参照します
  • [シート名][ラベル名]で指定した場合は、他シート内の項目を参照します
  • 他のシートを参照する場合、他のシートの参照権限がなくても値を参照して計算します
  • 複数レコードのシートで参照できる項目は、自シートの同一レコード内の項目のみです。他シートの項目の参照はできません
  • 単一レコードのシートで参照できる項目は、他シート(単一レコード、複数レコード項目の最後に追加されたレコードの値)、自シート内の項目です

計算式の種類と記入例

以下の記入例は、シート内の項目を指定した場合の記載方法です。
別シートの項目を参照して計算する場合、[ラベル名]を以下のように置き換えて利用します。
[ラベル名] → [基本情報][ラベル名] ※基本情報の項目を参照する場合
[ラベル名] → [シート名][ラベル名] ※別シート情報の項目を参照する場合

四則演算の記入例

+ 足し算 [ラベル名]+[ラベル名]
例)[自己評価1]+[自己評価2]+[自己評価3]
- 引き算 [ラベル名]-[ラベル名]
例)[最終評価点]-[調整点]
* 掛け算 [ラベル名]*[ラベル名]
例)[自己評価1]*[業績割合1]、[自己評価1]*0.5
/ 割り算 [ラベル名]/[ラベル名]
例)[自己評価1]/[上司評価1]、[自己評価1]/2
組み合わせ例 ([ラベル名]+[ラベル名])/([ラベル名]*[ラベル名])

計算式パーツに組み込める全ての関数と記入例

SUM関数 sum([ラベル名],[ラベル名])
設定された項目の合計値を返します
例)sum([自己評価1],[自己評価2],[自己評価3])
AVERAGE関数 average([ラベル名],[ラベル名])
設定された項目の平均値を返します
例)average([自己評価1],[上司1評価1],[上司2評価1])
ROUND関数 round([ラベル名],表示させる小数点以下桁数)
設定された項目の四捨五入を行い表示します
例)round([上司評価1],2)
ROUNDUP関数 roundup([ラベル名],表示させる小数点以下桁数)
※設定画面の「桁数」と揃えます
設定された項目の桁数を切り上げて表示します
例)roundup([評価A],1)
評価Aが50.15であった場合50.2を返します
ROUNDDOWN関数 rounddown([ラベル名],表示させる小数点以下桁数)
※設定画面の「桁数」と揃えます
設定された項目の桁数を切り捨てて表示します
例)rounddown([評価A],1)
評価Aが50.15であった場合50.1を返します
MAX関数 max([ラベル名],[ラベル名])
設定された項目の中で最大の値を返します
例)max([自己評価1],[上司評価1],[最終評価1])
IF関数 if(条件,条件TRUEの結果値,条件FALSEの結果値)
論理演算判定を行い結果を返します
例1)if([項目名1]>10,"A")
例2)if([項目名1]=10,"B",(IF([項目名1]=30,"C","×")))
COUNTIF関数 countif(検索条件,範囲)
条件に当てはまる結果の個数を返します
例)countif(50<,[評価A],[評価B],[評価C])
評価Aが51、評価Bが30、評価Cが60の時、50より大きい結果個数2を返します
DATEDIF関数 datedif(開始日,終了日,単位)
2つの日付間の差を返します
例)datedif([日付項目1],[日付項目2],"Y") 
利用可能な単位は以下です。
"Y"…期間年数
"M"…期間月数
"D"…期間日数
"MD"…開始日から終了日までの日数
"YM"…開始日から終了日までの月数
"YD"…開始日から終了日までの日数
TODAY関数 today()
本日の日付を返します
例)datedif([日付項目1],today(),"M")
datedifの引数として使用し、期間日数などの算出基準にします

datedif関数の「単位」の違い

例)datedif([日付項目1],[日付項目2],”単位”)
[日付項目1]:2010/04/01、[日付項目2]:2019/10/17 のとき

  • ・"Y"…9(9年)を返します。
  • ・"M"…114(114ヵ月)を返します。
  • ・"D"…3486(3486日)を返します。
  • ・"MD"…16(16日)を返します。年数と月数は無視されます。
  • ・"YM"…6(6ヵ月)を返します。年数は無視されます。
  • ・"YD"…199(199日)を返します。年数は無視されます。

 

計算式がエラーになった場合

計算が正しく行えない場合は、エラー文字(#ERRORなど)と表示されます。
 

参照元のパーツの値が空の場合

参照元のパーツの値が空の場合に"0"などのダミーの値が表示されます。そのまま空欄で表示したい場合は、例えば以下のようにIF関数を用いた計算式を指定してください。
IF([基本情報][ラベル名]="","",[基本情報][ラベル名])
IF([シート名][ラベル名]="","",[シート名][ラベル名])
IF([ラベル名]="","",[ラベル名])

ご意見

問題は解決しましたか?

※こちらに記載いただいた内容にはご返信しておりません。ご要望・ご質問等ございましたら「お問合わせ」よりお願いいたします。
ご意見