その他
システム連携
カテゴリー

Slack連携

管理者機能 > その他 > システム連携 > Slack連携

Slack連携とは

Slackと連携することで、以下の機能でメールだけではなくSlackにも通知することができます。

  • VOICE NOTE(ボイスノート)
  • SMART REVIEW(スマートレビュー)
  • PULSE SURVEY(パルスサーベイ)

Slackでの通知を行うには、事前にカオナビの『PROFILE BOOK(プロファイルブック)』の基本情報にある「メール」欄に登録したメールアドレスを、Slackのアカウントのメールアドレスとして設定する必要があります。
また、カオナビとSlackとの連携を許可する際に、Slackの管理者権限が必要になります。

Slackと連携する

①『Slack』の連携設定を開始する

『システム連携』画面で『Slack』を選択します。

②連携を有効にする

有効化のスイッチをクリックします。

③利用規約に同意する

利用規約を確認し、『同意して次へ』ボタンをクリックします。

Slackの画面に遷移します。

④連携するSlackのワークスペースにサインインする

連携するワークスペースを入力し『続行する』をクリックします。

  • 既にワークスペースにサインインしている場合はスキップします
  • 複数のワークスペースを指定することはできません

確認画面が表示されるので『許可する』をクリックします。
※操作ユーザーがワークスペースの管理者ではない場合、管理者に許可申請通知が送られます。

以下のように設定が有効になっていることを確認します。

Slackへの送信履歴の確認

送信履歴はユーザーアカウントメニューまたはユーザー管理から確認できます。

Slackとの連携を解除する

連携を解除した後も、「メール・通知送信履歴」からSlackへの通知の履歴を確認できます。

①『Slack』の連携設定を開始する

『システム連携』画面で『Slack』を選択します。

②連携を無効にする

有効化のスイッチをクリックします。

③解除する

確認メッセージが表示されるので、『解除する』をクリックします。

設定が解除されます。

ご意見 ご意見

問題は解決しましたか?

※こちらに記載いただいた内容にはご返信しておりません。ご要望・ご質問等ございましたら「お問合わせ」よりお願いいたします。