その他
システム連携
カテゴリー

カスタムCSV連携

カスタムCSV連携とは

他サービス・基幹システムから出力したCSVファイルからジョブを作成し、カオナビと連携させる機能です。
CSVファイルを用いて連携をする場合に都度発生していたデータ変換や情報の分割・統合作業をなくし、自動で連携できるようにします。
なお、連携設定を行った項目のみが連携され、設定していない項目については影響がないため「指定した列のみを更新」することも可能です。

カスタムCSV連携の注意点

  • 英語環境でもご利用いただけますが、日本語表記のままとなります
  • カオナビ内に同じ名称のシートや同一シート内に同名の項目があった場合、連携はできません
  • 本機能はデータ安心パックのアクセスログの提供範囲外です
  • スポット実行のみ可能です。定期実行はできません

カスタムCSV連携のアップロードモードについて

「カスタムCSV連携」のアップロードモードは選択できません。
「新規追加モード」+「指定行の入れ替えモード」の形式で更新されます。
カオナビに存在している社員番号のメンバーの情報であればCSVファイルの内容で更新し、カオナビに存在していない社員番号のメンバーであれば新規で作成します。
「全入れ替えモード」ではないため、CSVファイルに含まれていないがカオナビに存在しているメンバーの情報が、連携により消えることはありません。

その他連携時の詳細な注意点については設定説明ページにて記載しています。
CSVファイルからカオナビに連携するときの注意点

カスタムCSV連携の設定の流れ

連携前の事前準備

①カオナビの認証情報登録
②エラー通知メールアドレス登録
③カオナビの事前準備

連携設定

④連携項目設定
⑤連携開始

カスタムCSV連携画面とは

カスタムCSV連携は「サービスブリッジ」から設定を行えます。

サービスブリッジを開く

管理者機能メニュー>システム連携から『サービスブリッジ』をクリックします。

別タブで確認メッセージが表示されるので『サービスブリッジに接続』をクリックしてください。

サービスブリッジトップ画面が開かれます。

API認証情報の登録

①カオナビのAPI認証情報を控える

管理者機能メニュー>公開APIv2情報を開きます。

『認証情報』にある下記2つをメモ帳などに控えます。

  • Consumer Key
  • Consumer Secret

②カオナビのAPI認証情報を登録する

システム連携>サービスブリッジの『カオナビ認証情報』を開きます。
①で控えた「Consumer Key」「Consumer Secret」をそれぞれ入力し、『登録』をクリックします。

③エラー通知メールアドレスを登録する

画面左側の『エラー通知先メールアドレス』をクリックします。

API連携が失敗した際にエラー通知を行いたいメールアドレスを入力し、『登録』をクリックします。

カスタムCSV連携エラー時のメール内容

タイトル:[カオナビ自動送信]カスタムCSV連携エラー通知メール
本文:
本メールはカオナビから自動送信されています。

送信専用のため返信することはできません。
カスタムCSV連携でエラーが発生しました。
登録・更新されていない情報がございます。ご確認よろしくお願いいたします。

社員番号:”XXXXX”の性別の値が存在しません。マスター項目に設定された値を指定してください。
社員番号:”XXXXX”の性別の値が存在しません。マスター項目に設定された値を指定してください。
‥‥
 

登録メールアドレスの削除

登録したメールアドレスは『削除』ボタンで削除することができます。

サービスブリッジの「基本設定」は共通の設定です。連携ごとに基本設定を変えることはできません。

認証情報の登録が完了したら

認証情報の登録が完了したら、次は連携項目の設定を行います。