管理者機能

一覧へ戻る
マスター設定
レイアウト設定
カテゴリー

レイアウト設定の前に

画面の見方

レイアウト設定画面

レイアウト設定の最初に表示される画面です。

null

レイアウト設定切り替え
基本情報のレイアウト設定画面とシート情報のレイアウト設定画面を切り替えます。

基本情報のレイアウト設定ボタン
基本情報のレイアウト設定モードに切り替えます。

基本情報のレイアウト設定

レイアウト設定切り替え
基本情報のレイアウト設定画面とシート情報のレイアウト設定画面を切り替えます。

基本情報のレイアウト設定エリア
基本情報のレイアウト設定を行うエリアです、
③からパーツをドラッグ&ドロップで追加できます。

項目パーツ一覧
設置できるパーツの一覧です。パーツをドラッグ&ドロップで追加し、設定操作を行います。

複製する・削除する・解除するボタン
選択したパーツに対して複製・削除・選択解除操作を行います。
基本情報の初期項目については上記操作を行えません。

キャンセルボタン
基本情報のレイアウト設定の変更をリセットして、変更前(以前に保存した時)の状態に戻します。

保存するボタン
基本情報のレイアウト設定の変更を保存します。
※変更を行った場合のみボタンをクリックできる状態になります。

シート情報のレイアウト設定

レイアウト設定切り替え
基本情報のレイアウト設定画面とシート情報のレイアウト設定画面を切り替えます。

シートツリー
シートカテゴリとシートカテゴリ内のシートを表示します。レイアウト設定を行うシートを選択できます。

シート追加
シートカテゴリ内にシートを追加します。

シートカテゴリの編集・削除
カーソルを重ねるとアイコンが表示されて、シートカテゴリ名の編集と削除を行えます。

カテゴリ追加
新しいシートカテゴリを追加します。

ゴミ箱
削除したシートを格納します。
ゴミ箱に入ったシートはレイアウト設定やPROFILE BOOKに表示されません。

シートを並び替え
シートの位置を変更する場合、『ON』に切り替えます。
『ON』の時、ドラッグ&ドロップでシートの位置を変更できます。

シートの削除・複製・設定
選択しているシートの削除、複製、設定変更が行えます。
設定変更では、シート名とレイアウトパターンの変更が行えます。

シートを編集するボタン
選択しているシートをレイアウト設定モードに切り替えます。

パーツの設定

概要設定

パーツのラベル(項目名)や単位を入力したり、パーツの長さを調整したりできます。
また、パーツ自体の削除もできます。

歯車アイコン
パーツの詳細設定を表示します。

ラベル名入力欄
項目名を入力します。

ゴミ箱アイコン
パーツを削除します。

長さ調節
パーツの長さを変更します。
右側にドラッグすると大きく、左側にドラッグすると小さくなります。

※①③④はパーツにマウスカーソルを合わせると表示されます。

詳細設定

パーツ右上の『歯車』アイコンをクリックして表示される画面です。
各詳細設定については、下記のリンク先をご確認ください。

テキストボックス 詳細はこちら
テキストエリア 詳細はこちら
プルダウンリスト 詳細はこちら
ラジオボタン 詳細はこちら
チェックボックス 詳細はこちら
顔写真付きボックス 詳細はこちら
リンク 詳細はこちら
日付(カレンダー) 詳細はこちら
年月(カレンダー) 詳細はこちら
ファイル添付 詳細はこちら
ナンバーボックス 詳細はこちら
計算式 詳細はこちら
スペースエリア 詳細はこちら
タイトルボックス 詳細はこちら
メッセージボックス 詳細はこちら

レイアウトパターン

シート追加時に、『レイアウトパターン』を選択します。
レイアウトパターンとは、レイアウト(画面の見た目)とレコード(1メンバーの1つのシートに登録できるデータ数)の組み合わせのことです。

詳しくはレイアウトレコードをご覧ください。

レイアウト

項目の並び方(画面の見た目)とを定義するものです。
シートを作成する際に、『縦型』『横型』のいずれかを選択します。

縦型

シート上部に項目名が並び、その下に(縦方向に)データが表示される形式です。
項目名をソートキーとして利用できます。
パーツの個数が横幅1行に収まる情報に適しています。

null

横型

項目名の右横にデータが表示される形式です。

null

シート1行に設置できるパーツ数

縦型では8つ、横型では4つまで設置できます。

(縦型)
null

(横型)
null
 

縦型レイアウト、横型レイアウトの使い分け

縦型では、ラベル(項目名)は1行目のみに表示されます。
そのため、2行目以降にまたがるとやや不格好なレイアウトとなってしまいます。
項目が横幅1行で収まる場合は縦型レイアウトがお勧めです。
横1行に収まらない場合、横型レイアウトを選択しましょう。

レコード

1メンバーの1つのシートに登録できるデータ数を定義するものです。
1つのシートに登録するデータのまとまりを『レコード』と呼びます。
シートを作成する際に、『単一レコード』『複数レコード』のいずれかを選択します。

単一レコード

1メンバーあたり1つ(1対1)のレコードを登録できる形式です。
現在の役職、等級や住所など、1人に対して1つの情報を管理する用途に適しています。
単一レコード形式のシートのCSVファイルは、1メンバーあたり1行のデータとしてダウンロードできます。

(画面)
null

※レコードがすでに登録されている時、『編集』か『削除』を行えます。

(CSVファイル)
null

複数レコード

1メンバーあたり複数(1対n)のレコードを登録できる形式です。
異動や研修、面談など、情報を履歴として蓄積したい用途に適しています。
複数レコード形式のシートのCSVファイルは、1メンバーあたり複数行のデータとしてダウンロードできます。

(画面)
null

※レコードがすでに登録されている時、登録されたレコードの『編集』『削除』、新規レコードの『追加』を行えます。

(CSVファイル)
null

単一レコード、複数レコードの使い分け

検討ポイント①:都度、管理者によるメンテナンスが必要か

例えば人事評価の結果を単一レコードで作成した場合を考えてみましょう。
評価が終わるたびに結果を入れるための項目を「レイアウト設定」で作成する必要があります。
また、シート内の項目は閲覧可能なユーザーに全て見えてしまいます。
単一レコードで2012年度以降の評価結果を登録するシートを作成した場合、例えば2018年に入社したメンバーのシート情報にも2012年度の入力枠が表示されてしまい、やや不格好な表示になります。

同じ人事評価の結果を複数レコードで作成した場合、「年度」項目に該当年度を入力すればいいので、評価が終わるたびに項目を作成する操作は不要です。
また、評価があった年だけレコードを登録すればいいので、入力のない年度の項目は表示されません(2018年に入社したメンバーの情報としては2018年度以降の結果が表示される)。

検討ポイント②:他機能で利用するか

どちらを選択するかにより、他機能へ利用できるかどうかが変わります。
グラフ表示やSHUFFLE FACEで利用したい項目は、単一レコードで作成してください。

  単一レコード 複数レコード
CHART BOARD 利用可能 利用不可
SHEET GARAGE 利用可能 最後に入力したデータのみ利用可能
SHUFFLE FACE 利用可能 利用不可

※他機能へ利用する場合、『マスター』の設定も必要です。詳しくは『マスター管理』をご覧ください。

レイアウトパターンの設定例

縦型 複数レコード

レイアウト設定画面

null

メンバー詳細画面

※項目数が1行に収まらない場合、『横型 複数レコード』で設定してください。

横型 複数レコード

レイアウト設定画面

null

メンバー詳細画面

null

横型 単一レコード

レイアウト設定画面

null

メンバー詳細画面

null

縦型 単一レコード

レイアウト設定画面

null

メンバー詳細画面

null

問題は解決しましたか?

※こちらに記載いただいた内容にはご返信しておりません。ご要望・ご質問等ございましたら「お問合わせ」よりお願いいたします。