マスター設定
レイアウト設定
カテゴリー

シートの変更履歴の取得

シートの変更履歴の取得の前に

シートの変更履歴を取得することで、シートの情報が更新されるたびに自動で変更履歴を保存し、閲覧できるようにします。

変更履歴データを使ってできること

  • 変更履歴の閲覧
    メンバー詳細画面から閲覧可能です。
    ※参照可能な範囲は、『アクセス管理』のシートの参照可能な範囲に従います。
    また、シートガレージから指定日断面で絞り込みが可能です。
  • 変更履歴の出力
    CSV入出力画面から出力可能です(変更履歴内の添付ファイルはメンバー詳細画面からダウンロード可能です)
    また、シートガレージから指定日断面で絞り込みした後、CSVファイル・Excelファイルでのダウンロードが可能です。
  • 変更履歴の更新
    CSV入出力画面、メンバー詳細画面から更新可能です(変更履歴内の添付ファイルはアップロードできません)

変更履歴データ関連でできないこと

  • 変更履歴の検索(検索対象は現在のデータ)
  • 変更履歴の帳票タグ指定(プロファイルブック・スマートレビュー)
  • 変更履歴の参照タグ指定(スマートレビュー)
  • 変更履歴ON時の該当シートのレイアウト設定の変更
  • 変更履歴ON時の該当シートの削除
  • 変更履歴ON時の該当シートを含むカテゴリの削除
  • 変更履歴内の添付ファイルのアップロード
  • メンバー詳細画面旧デザインでの変更履歴の表示

有効にするとレイアウトの編集ができなくなる

変更履歴をONにすると、レイアウトの編集ができなくなります。
再度レイアウトの編集を行いたい場合、変更履歴をOFFにしてください
※変更履歴をOFFにすると、これまでの履歴データは削除されます。

変更履歴を作成するタイミング

履歴を作成するタイミングは以下の通りです。
※1日で作成する履歴は最大1件です(同日内の場合、最新の1件が反映されます)。

  • すでにシート情報に登録データがある状態で、シートの変更履歴をONにした時(すでにデータがある場合、最初の履歴を作成)
  • プロファイルブック・シートガレージでシート情報を更新した時
  • マスター管理でマスター情報を更新した時(プルダウンリスト、ラジオボタン、チェックボックス)
  • CSV入出力で履歴を更新した時
  • ファイル入出力でファイルを更新した時
  • シート情報の再計算を行って値が更新された時
  • 外部公開APIでシート情報を更新した時

変更履歴をONにする前にチェック

シートの変更履歴を有効にする

①設定したいシートを選択する

シートの変更履歴を有効にしたいシートを選択します。

単一レコードのみ設定可能

シートの変更履歴を設定できるのは『単一レコード』のシートのみです。
切り替えスイッチが表示されない場合、『シートの設定』を確認してください。

②変更履歴の取得を有効にする

単一レコードの場合、変更履歴のON/OFFを設定できます。有効にする場合はスイッチをクリックします。

メッセージが表示されるので、確認後に『実行』ボタンをクリックします。

変更履歴をONに切り替えます。その際、すでにPROFILE BOOKにデータが登録されている場合は、それを最初の履歴として登録します。

切り替えが終わると、メッセージが表示されます。『閉じる』をクリックします。

③レイアウトを確認する

変更履歴がONの時、レイアウトの変更はできません。現在のレイアウトを確認したい時は『レイアウトの確認』をクリックします。

レイアウト確認画面が表示されます。

レイアウトの確認を終了する時は、『レイアウトの確認を終了』をクリックします。

シートの変更履歴を無効にする

無効にすると履歴データが削除される

変更履歴をOFFにすると、これまでの履歴データが削除されます。
あらかじめ、『CSV入出力』から履歴データをバックアップとしてダウンロードしておいてください。

①設定したいシートを選択する

シートの変更履歴を無効にしたいシートを選択します。

②変更履歴の取得を無効にする

単一レコードの場合、変更履歴のON/OFFを設定できます。無効にする場合はスイッチをクリックします。

メッセージが表示されるので、確認後にチェックボックスにチェックを付け、『実行』ボタンをクリックします。

完了するとメッセージが表示されます。『閉じる』をクリックします。