icon_tri_up_white Created with Sketch.

マスター設定
カスタム設定
カテゴリー

ソートキー

ソートキーとは

『ソートキー』では、並べ替えで利用できる項目を設定します。
ここで設定した項目の昇順/降順で、顔写真を並べることができます。

反映される機能

  • PROFILE BOOK
  • SHEET GARAGE(メンバー一覧画面)
  • PICKUP LIST(リストメンバー一覧画面)
  • SHUFFLE FACE
  • VOICE NOTE(回答者一覧画面)
  • SYNAPSE TREE
  • CONNECT CUBE(受検者一覧画面、タイプマップ)
  • エニアグラム(受検者一覧画面、タイプマップ)

利用可能な項目の条件

  • 単一レコードシート上にある
  • 下記いずれかのパーツで作成されている
    テキストボックス/ナンバーボックス/プルダウンリスト/ラジオボタン/日付(カレンダー)/年月(カレンダー)/計算式

ソートキーで利用する項目を設定する

①ソートキーを選択する

左側の設定対象メニュー一覧から『ソートキー』をクリックします。
カスタム設定を開くとあらかじめ選択されています。

②利用したい項目を選択する

中央部分に利用可能な項目がシートごとに表示されるので、選択します。

シートを切り替えたいときは、上部のプルダウンリストから切り替え可能です。

項目上でドラッグしたり、ShiftキーやCtrlキーを押しながら項目をクリックすると、複数選択ができます。

③追加ボタンをクリックする

利用したい項目が選択できたら『追加』ボタンをクリックし、右側に移動させます。
ここでは「入社年度」を選択しました。

④保存する

全ての利用したい項目を右側に移せたら、右上の『保存』をクリックします。

設定後の各機能画面

メンバー一覧画面

SHUFFLE FACE

SYNAPSE TREE

タイプマップ(エニアグラム)

ご意見

問題は解決しましたか?

※こちらに記載いただいた内容にはご返信しておりません。ご要望・ご質問等ございましたら「お問合わせ」よりお願いいたします。
ご意見