ユーザー設定
2段階認証管理
カテゴリー

認証端末変更に伴う初期化

認証端末変更(スマートデバイスの機種変更)に伴う操作

一度初期設定を完了すると『Google Authenticator』の利用端末とカオナビのログインIDが関連付けられるので、他の端末の『Google Authenticator』からは認証アプリとログインIDの紐づけを行うことができなくなります。
また『Google Authenticator』の内容は端末のバックアップから復元することができません。
そのため、端末の機種変更を行う場合は2段階認証初期化を行ってから、再度認証アプリとログインIDの紐づけを行ってください。

2段階認証初期化には2通りの方法があります。

  • 管理者(Adm)ユーザーが2段階認証管理から行う
  • 対象ユーザー自身で初期化URLから行う

管理者(Adm)ユーザーが2段階認証管理から初期化を行う

2段階認証管理を開き、初期化が必要なユーザーの『初期化』をクリックします。

メッセージが表示されるので、『OK』をクリックすると初期化されます。

初期化を行ったことを対象ユーザーに知らせてください。
対象ユーザーは認証アプリとログインIDの紐づけを行ってください。

対象ユーザー自身で初期化URLから初期化を行う

『ユーザー自身のメールによる2段階認証の初期化を許可する』が『ON』になっている必要があります。
あらかじめ管理者(Adm)ユーザーが設定を行ってください。
初期状態では『OFF』になっています。

ワンタイムパスワードを入力する画面で『2段階認証を設定したスマートフォンが利用できない場合はこちら』をクリックします。

ログインIDに設定されたメールアドレス宛に初期化URLが届くので、URLをクリックして認証アプリとログインIDの紐づけを行ってください。

ログインIDがダミーメールアドレスだった場合、初期化URLでの初期化は行えません。
管理者(Adm)ユーザーが初期化を行ってください。

Android向けGoogle Authenticatorを利用した認証端末変更

Android向けGoogle Authenticatorの最新版であれば、Google Authenticatorで生成されたQRコードをスキャンすることでカオナビを経由せずに認証端末の変更を行うことができます。

Google Authenticatorの機能のため、『ユーザー自身のメールによる2段階認証の初期化を許可する』が『OFF』となっていても、ユーザー自身で認証端末の変更を行うことができます。
また、ログインIDがダミーメールアドレスであった場合でも利用可能です。

手順についてはGoogle 認証システムで確認コードを取得する>新しいスマートフォンでコードを取得する(外部サイト)をご覧ください。

ご意見 ご意見

問題は解決しましたか?

※こちらに記載いただいた内容にはご返信しておりません。ご要望・ご質問等ございましたら「お問合わせ」よりお願いいたします。