機能別操作ガイド
スマートレビュー
帳票設定とワークフローテスト

帳票のひな型作成

評価内容のExcel出力について

SMART REVIEWでは、カオナビ上で入力された評価内容を、対象者ごとにExcelファイルで出力でき、印刷して紙資料として利用することもできます。

Excel出力するためには、あらかじめ『帳票登録』をする必要があります。

『帳票登録』では初めに出力フォーマットとなるExcelシートを作成し、そのフォーマットを帳票のひな型として登録します。

帳票のひな型を作成する

『帳票登録』するために、まずは自社の評価に合わせた帳票のひな型をExcelファイルで準備する必要があります。

①帳票のレイアウトをExcelで作成する

自社の評価に合わせた帳票のレイアウトをExcelで作成します。
※下記画像はテンプレートの「MBO・コンピテンシー評価」に登録されている帳票ひな型です。

レイアウト作成の注意点

書式など設定はExcelに準拠
文字サイズや書体など、Excelで設定した書式設定がそのまま帳票に適応されます。
文字数が多い際の見切れなどに懸念があるときは、あらかじめ適切な行や列の幅、文字サイズ、文字の折り返しなどの設定を行ってください。

Excelのシートは1つまで
帳票登録するExcelは、評価内容が記載されるシートだけにしてください。複数のシートを設定した場合、出力がうまくいかない場合があります。

②出力する項目を設定する

入力内容を反映させたいセルに『帳票タグ』を入力し設定します。

SMART REVIEWイベント内データを表示させる帳票タグ

  • #[ラベル名]
    フォームに入力された内容を表示
    例)#[目標1] #[最終評価]
  • #[参加者名称]
    その参加者に割り当てられたメンバー氏名を表示
    参加者名称はワークフロー設計で設定したものと一致させてください
    例)#[被評価者] #[一次評価者]

帳票タグの入力ルール

1セル1帳票タグ
帳票タグは1つのセルに1つまでで、帳票タグを入力したセル内には他の文言は入れないでください。
結合されたセルにも設定できますが、こちらも1つの結合セルに対し1つのみ設定してください。

PROFILE BOOKのデータ表示
単一レコード形式のシートに限られますが、PROFILE BOOKのデータも表示することができます。
帳票タグのルールについては『帳票管理』と同様のルールです。
※アクセス管理にて閲覧権限のない項目については「アスタリスク(***)」が表示されます。

帳票を出力したとき

未入力の項目
未入力の項目は空欄で出力されます。

閲覧権限がない項目
閲覧権限がなく入力がある項目は「アスタリスク(***)」が表示されます。

ご意見 ご意見

問題は解決しましたか?

※こちらに記載いただいた内容にはご返信しておりません。ご要望・ご質問等ございましたら「お問合わせ」よりお願いいたします。