icon_tri_up_white Created with Sketch.

機能別操作ガイド
スマートレビュー
イベント作成と評価フロー

ワークフロー設計とは

ワークフロー設計の概念と用語

ワークフロー設計の概念

目標設定、評価の入力、承認など「評価に関する一連の作業の流れ」を設計するのが『ワークフロー設計』です。
どのような作業があるのか、いつその作業を行うのか、誰がその作業を行うのか、を決めます。

期間(『フェーズ』)ごとに誰(『参加者』)がどんな作業(『アクション』)を行うかで評価が進むようになっています。

ワークフロー設計の用語

フェーズ 評価を区切る時期や段階
「目標設定期間」「期末評価期間」「面談期間」など
アクション フェーズ内での作業
「目標入力」「目標承認」「評価入力」など
対象者 評価されるメンバー
被評価者
参加者 この評価に関わるメンバーそれぞれの役割
「評価者」「閲覧者」「人事担当者」など
対象者が記入など何かアクションを担う場合は、対象者も参加者に含まれる

ワークフロー設計画面の見方

フェーズタブ
この評価イベントの『フェーズ』が設定できます。『フェーズを追加』をクリックすることでフェーズを追加します。

このフェーズを削除
不要なフェーズを削除できます。

アクション設定エリア
フェーズごとに『アクション』が設定できます。『アクションを追加』をクリックすることでアクションを追加します。

保存ボタン
ワークフロー設計で設定した内容を保存します。

参加者設定エリア
評価に関わる参加者を設定するエリア。
対象者は初期状態で設定されており、自社の呼称に合わせ名称を変更できます。
対象者が評価に関わらない場合、削除も可能です。
それ以外の参加者(評価者、閲覧者など)は『参加者を追加』から登録できます。

ご意見

問題は解決しましたか?

※こちらに記載いただいた内容にはご返信しておりません。ご要望・ご質問等ございましたら「お問合わせ」よりお願いいたします。
ご意見