機能別操作ガイド
スマートレビュー
評価の開始と入力

評価の差し戻し

評価を差し戻す

対象者、参加者に関わらず、自身の前にアクションを行うメンバーがいる場合『確定する』ボタンの他に『差し戻す』ボタンが表示されます。
内容の不備などがあった場合、作業のやり直しを前アクションの担当者に促すことができます。

フェーズをまたいでの差し戻しはできません。自身の前にアクションを行うメンバーがいた場合でも、フェーズをまたいでいる場合は『差し戻す』ボタンは表示されません。

①評価詳細画面を開く

対象者一覧画面から差し戻しを行いたい対象者を選択します。

②入力内容を差し戻す

評価詳細画面が開きますので、差し戻すには右上の『差し戻す』ボタンをクリックします。

アクションを差し戻すかどうか確認画面が表示されます。
取り消す場合は『×』を、実行する場合は『差し戻しを行う』ボタンをクリックします。

③差し戻すメッセージを入力

差し戻しのポップアップが開きます。差し戻す理由や要望を記載するには『メール・通知を送信して差し戻す』を選択します。選択することで、メッセージ記入欄に入力できるようになります。特にメッセージを記載しない場合は『メール・通知を送信しないで差し戻す』にチェックを入れます。

差し戻しメッセージは保存されず、送信履歴にも残りません。必要な場合は別の場所に保存してください。

④差し戻しを実行する

『実行』ボタンをクリックし、差し戻しを実行します。

実行した後は前の参加者に編集権限が移り『差し戻し』『確定する』のボタンは表示されなくなります。
ここでは「目標設定済み」の被評価者を差し戻したので、左上のステータスは「未対応」に戻りました。

一括の差し戻しはできない

差し戻しの一括操作はできません。
対象者一覧画面のステータスをクリックすることでも差し戻しは行えますが、個別の操作になります。

管理者(Adm)ユーザーによる差し戻し

管理者(Adm)ユーザーが差し戻しを行うには、いくつか方法があります。

評価詳細画面から差し戻す

一般ユーザーの差し戻しと同じ手順で行えます。
詳しくは評価を差し戻すをご覧ください。

対象者一覧画面から差し戻す

対象者一覧画面を開き、差し戻したい対象者の『ステータス』をクリックします。

『差し戻す』ボタンが表示されるので、クリックします。
※ワークフローによっては確定ボタンが表示されない場合もあります。

差し戻しメッセージのメッセージを入力することができます。

評価詳細画面のステータスを変更することで差し戻す

評価詳細画面で、ステータスを変更することで差し戻しと同じ状態にすることができます。
こちらの手順の場合、差し戻し対象者に案内が自動で送付されないため、差し戻した旨を別途案内してください。

詳しくは評価詳細画面のステータスから変更するをご覧ください。

ご意見 ご意見

問題は解決しましたか?

※こちらに記載いただいた内容にはご返信しておりません。ご要望・ご質問等ございましたら「お問合わせ」よりお願いいたします。