icon_tri_up_white Created with Sketch.

機能別操作ガイド
スマホアプリ
はじめに

アプリ利用の前に

管理者(Adm)ユーザーによる利用許可設定

ユーザーがスマートフォンアプリを利用できるようにするためには、あらかじめ管理者(Adm)ユーザーによる利用許可の設定が必要です。

詳しくは『スマートフォンアプリ管理』をご覧ください。

また、アプリ内で機能を利用できるようにするためには、利用を許可する一般ユーザーのロールに対し以下の権限が必要です。
閲覧権限を付与する場合は『アクセス管理』から付与できます。以下の権限を一般ユーザーのロールに設定してください。

【一般ユーザーへの閲覧権限の付与】

【注意】PROFILE BOOKの権限は必須となります。権限がない場合、ログイン時に『閲覧権限がありません。』と表示されログインできません。

利用を開始する

管理者(Adm)ユーザーによりアプリの利用を許可されたユーザーは、アプリをダウンロードし利用を開始できます。

アプリをダウンロード

Google Play(Android)または Apple Store(iphone)より、「カオナビ」アプリをダウンロードします。

Android

iPhone

管理者(Adm)ユーザーによりアプリの利用が許可されていなくても、アプリのダウンロードは可能です(利用許可がない場合、アプリからログインできません)。

アプリでログインする

ログインする

ID(メールアドレス)とパスワードを入力し、ログインボタンをタップします。

この時『IDを保持する』にチェックを入れると、再度ログイン画面を表示した際にID(メールアドレス)が自動で挿入されます。

『IDを保持する』をクリアしたい

ログイン時に『IDを保持する』にチェックを外すことで、保持したID情報はクリアされます。再度ログイン時にID(メールアドレス)が自動で挿入されることはありません。
また、アプリを再インストールした場合も保持したID情報はクリアされます。
 

ログイン状態の保持設定

ログイン状態を保持しない(OFFの)場合、アプリでカオナビにログインして24時間経過後に自動でログアウトします。
ログイン状態を保持する(ONの)場合、アプリでカオナビにログインして24時間経過しても自動ではログアウトせず、ログイン状態を保持します。

設定を変更する場合、管理者(Adm)ユーザーにて『ログイン状態を保持する』を『OFF』をクリックし『ON』に変更します。

詳しくは、スマートフォンアプリ管理をご覧ください。

パスコードとは

パスコードとは

『パスコード』とは、カオナビアプリを他人に立ち上げられないようにする数字4桁のコードのことです。
パスコードを設定しておくと、アプリを起動するたびに、あるいはバックグラウンドから復帰する(一時的に別のアプリを使っていて、カオナビのアプリに戻ってくる)たびに、パスコードの入力を求められるようになります。

パスコードはアプリにログインしている間有効です。一度アプリからログアウトしてしまうと、パスコード設定は無効となりますので、再度ログイン後に設定してください。

パスワードとパスコードの違い

『パスワード』とは、カオナビにログインするためのパスワードのことです。

パスワードは、カオナビユーザーとしてログインしようとしているのが本人であるかを確認するためのもので、PCなど他の端末からログインする際も利用します。

カオナビアプリを起動するためのパスコードはアプリでのみ利用可能な『鍵』のようなもので、まったく異なる役割を与えられています。

パスコードロックを解除する

カオナビアプリのパスコードロックを設定している場合、アプリを開くたびにパスコードの入力が求められます。
『パスコード設定』で入力したパスコードを入力します。

パスコードが正しければアプリの画面が表示されます。

生体認証による解除を有効にしている場合、以下のような画面が表示されます。

Face IDによるロック解除(iPhone)

左下のアイコンをタップし、Face IDによる解除を行えます。

指紋認証によるロック解除(Android端末)

左下のアイコンをタップし、指紋認証による解除を行えます。

パスコードを忘れた場合

パスコードを忘れた場合は、アプリを削除し、再インストールを行ってください。再インストールによりパスコード設定が解除されますので、再度ログイン後、『パスコード設定』にて設定を行ってください。

ご意見

問題は解決しましたか?

※こちらに記載いただいた内容にはご返信しておりません。ご要望・ご質問等ございましたら「お問合わせ」よりお願いいたします。
ご意見