機能別操作ガイド
コネクトキューブ
はじめに

CONNECT CUBEとは

CONNECT CUBEとは

『CONNECT CUBE(コネクトキューブ)』は、適性試験や診断テストを通して、メンバー毎の特性や全体の傾向を知ることができるサービスです。
カオナビから適性検査を受けることができ、その検査の結果はこれまでのメンバーデータに紐づいて管理できます。

個人の受検履歴をカオナビ上で確認できることはもちろんのこと、『リスト表示』によって複数メンバーの受検結果の表示、検索による抽出、並び替えをしながら様々な検討をすることが可能です。

また各検査の『タイプマップ』により、メンバーの分布を知ることができるため、これまでとは違った視点での検査データの活用が可能となります。

※各種診断サービスのご利用は、サービスの種類によって別途、利用料金がかかるものもあります。

主な画面イメージ

CONNECT CUBEトップ画面

ここからSPI3の利用申し込みができます。
詳しい画面の見方はSPI3 トップページの見方をご覧ください。

受検結果一覧画面

受検結果は一覧で表示することができます。タイプ別に並べ替えたり、ここから未受検のメンバーにリマインドを送ることもできます。
詳しい画面の見方は受検結果一覧画面の見方をご覧ください。

タイプマップ

検査結果をタイプマップで表示できます。各タイプの説明も見ることができます。
詳しい画面の見方はタイプマップの見方をご覧ください。

CONNECT CUBEを利用する前に

利用前の準備

SPI3の受検には事前に利用申請が必要です。
詳しくはSPI3の利用申請をご覧ください。

SPI3の権限設定

利用可能なメールアドレスが各メンバーのPROFILE BOOKに登録されていれば、SPI3受検のためにユーザー登録や特別な権限設定は必要ありません。

メールアドレスを持っていない場合

メンバーが利用可能なメールアドレスを持っていない場合、以下の権限を一般ユーザーのロールに設定し、ユーザー登録をしてください。

受検結果を閲覧させたい場合

一般ユーザーにSPI3の受検結果やタイプマップを閲覧させたい場合、以下の権限も一般ユーザーロールに設定してください。

  • 使える機能
    管理者機能(SET UP)>アクセス管理>使える機能>機能メニュー
    以下のメニューを『-』⇒『〇』に設定してください

    CONNECT CUBE
    PROFILE BOOK 『-』の場合、個人の検査結果とフィードバックは受検結果一覧のラインビューでのみの閲覧になります
  • 見える情報
    管理者機能(SET UP)>アクセス管理>見える情報>CCの公開範囲設定
    閲覧させたいものに権限を付与してください

    SPI3詳細表示権限 個人の検査結果を閲覧できるようになります
    『-』の場合、受検結果一覧にも検査結果は表示されません
    SPI3タイプ表示権限 タイプマップが閲覧できるようになります
    『-』の場合、受検結果一覧にもタイプは表示されません
    SPI3本人FB用表示権限 個人のフィードバックを閲覧できるようになります
    『-』の場合、受検結果一覧にもフィードバックは表示されません

受検結果を共有させたい場合

他者に受検結果を共有させたい場合、以下の権限を一般ユーザーのロールに設定し、ユーザー登録をしてください。

受検開始操作をさせたい場合

SIP3では、管理者(Adm)ユーザー以外は受検開始操作を行うことはできません。

CONNECT CUBEを開く

カオナビトップ画面から開く

カオナビトップ画面から『CONNECT CUBE(コネクトキューブ)』を選択します。

グローバルヘッダーの『MENU』アイコンをクリックし、プルダウンメニューから『CONNECT CUBE』を選択します。

ご意見 ご意見

問題は解決しましたか?

※こちらに記載いただいた内容にはご返信しておりません。ご要望・ご質問等ございましたら「お問合わせ」よりお願いいたします。