機能別操作ガイド
コネクトキューブ
SPI3

SPI3 取り込んだ受検データの編集と削除

SPI3 受検データを修正する

①CSVファイルを用意する

リクルートマネジメントソリューションズ社(以下、RMS)から受領したSPI3受検データを用意します。

SPI3のcsvアップロードによる更新削除は、RMSが提供するSPI受検データのフォーマットにのみ対応する仕様となっています。

②CSVファイルを修正する

受検結果CSVファイルを以下の手順とCSVファイルのイメージを参考に編集し上書き保存してください。

  • CSVの1行目の会社名は削除しないでください
  • 修正しない社員の行はCSVデータに含めないでください
  • カオナビから受検したデータは修正できません
  • キー項目は「社員番号」「実施年」「実施月」「実施日」のため削除やデータの変更はしないでください
  • 編集箇所 編集前 編集後
    A列のヘッダー部分 データID 社員番号
    A列の値 受験者のSPI3受験ID 受検対象者のカオナビの社員番号

    <編集前>

    <編集後>

    ③CSVファイルをアップロードする

    右下の『CSVアップロード』から『アップロード』をクリックします。

    ④『指定行の入れ替えモード』を選択する

    アップロードモードの『指定行の入れ替えモード』を選択して『次へ進む』をクリックします。
    以降の操作はSPI3 受検データを取り込むと同様です。

    バックアップ

    『アップロード前に現時点のバックアップを取得する』にチェックが入っている場合、先にバックアップが行われます。
    バックアップ完了後に『次へ進む』をクリックしてください。
    取得したバックアップは『CSVダウンロード』の『バックアップ』から取得することができます

    SPI3 取り込んだ受検データを削除する

    ①CSVファイルを用意する

    RMSから受領したSPI3受検データを用意します。

    SPI3のcsvアップロードによる更新削除は、RMSが提供するSPI受検データのフォーマットにのみ対応する仕様となっています。

    ②CSVファイルを修正する

    『受検データを修正する』の②の操作を参考に、編集し上書き保存してください。

  • CSVの1行目の会社名は削除しないでください
  • 削除対象データ以外の社員の行はCSVデータに含めないでください
  • 削除対象データの「社員番号」「実施年」「実施月」「実施日」以外の項目(F列以降)を空にしてください
  • カオナビから受検したデータは削除できません
  • ③CSVファイルをアップロードする

    右下の『CSVアップロード』から『アップロード』をクリックします。

    ④『指定行の入れ替えモード』を選択する

    アップロードモードの『指定行の入れ替えモード』を選択して『次へ進む』をクリックします。
    以降の操作はSPI3 受検データを取り込むと同様です。

    バックアップ

    『アップロード前に現時点のバックアップを取得する』にチェックが入っている場合、先にバックアップが行われます。
    バックアップ完了後に『次へ進む』をクリックしてください。
    取得したバックアップは『CSVダウンロード』の『バックアップ』から取得することができます