ワークフロー編

Step2 プロファイルブックとの連携

申請フォームとプロファイルブックを連携しよう

連携の仕組み

申請内容が承認された時点で、プロファイルブックのシートに上書きされる機能です。

こんなことができます!

  • 住所変更申請
    承認されたらプロファイルブックの住所欄が申請内容に上書きされる
  • 資格取得申請
    承認されたらプロファイルブックの保有資格に自動で取得日と資格名が追加される
  • フォーム編集時に各項目の詳細画面で『シート項目への反映』について『反映する』を選択し、反映先のシートの項目名を指定します。

    設定は参照タグ形式で、#<基本情報/シート名>#<シートの項目名> という書き方で指定してください。
    例:#<基本情報>#<住所>

    ▶▶申請フォームとプロファイルブック連携の詳しい手順は『シート項目への反映設定』をご覧ください。

    フォームとシートの関係

    連携設定が完了すると、反映先のパーツ情報などが設定画面内に表示されます。
    申請フォーム内の入力設定は反映先のマスター値や設定に準じます。

    <図1>

     
     
    反映先のシートのレコードタイプ(レコード形式)の違いにより、入力内容の反映方法が異なります。
    また単一レコードシートは申請内容が空欄だった場合に『空欄で上書き更新する』か『更新しない』かを選択できます。

    シートのレコードタイプ 反映方法 備考
    単一レコード 反映先の項目を空欄で上書き保存する
    フォームの空欄箇所はシートも空欄で更新
    履歴ありのシートは履歴も追加される
    反映先を更新しない
    フォームの空欄箇所はシートの入力内容が保持される
    複数レコード レコード新規追加

     
     
    シートへの反映は承認完了後、即時です。
    反映タイミングの設定等はできません。

    <図2>