データベース編

Step4 ラベル(補足情報)の表示

ラベルを利用できるようになりましょう!顔写真と氏名だけではわからない情報を表示します。

『ラベル』の設定

シャッフルフェイスやシナプスツリーには顔写真の下に補足情報を表示する機能(『ラベル』)がありますが、それを利用するためには項目を『ラベル』に登録する必要があります。
詳しい手順はカスタム設定>ラベルをご覧ください。

できるようになること

シャッフルフェイスやシナプスツリーで顔写真の下に補足情報を表示できるようになります。
また、登録された項目のうちナンバーボックスや計算式パーツ(出力形式:数値、数値(桁区切り))で作られている項目は、シャッフルフェイスの『集計対象』でも利用可能です。
社員番号、年齢はあらかじめラベルの項目として設定してあります。

ラベルが利用できる機能

ラベルに設定した項目は、以下の機能に反映されます。

  • シャッフルフェイス(ラベル、集計対象)
  • シナプスツリー

利用可能な項目の条件

  • 単一レコードシート上にある
  • 下記いずれかのパーツで作成されている
    テキストボックス/ナンバーボックス/プルダウンリスト/ラジオボタン/チェックボックス/日付(カレンダー)/年月(カレンダー)/計算式
    ※シャッフルフェイスの集計対象はナンバーボックスまたは計算式(出力形式:数値、数値(桁区切り))のみ利用可能

各機能の利用イメージ

シャッフルフェイス

ラベル

ラベルから項目を選択すると、選択した項目の情報が顔写真の下に表示されます。

集計対象

集計項目を選択すると、選択した項目で各軸にいるメンバーの情報から集計が行われます。

シナプスツリー

シャッフルフェイス同様、ラベルから項目を選択すると、選択した項目の情報が顔写真の下に表示されます。