オーナーとはなにか

オーナーとはボイスノートのイベント・スマートレビューのイベント・ピックアップリストのリスト1つにつき1人登録できる、該当イベントやリストの管理者のことです。

初期状態では作成者がオーナーですが、管理者(Adm)ユーザーが作成者の場合、該当イベント・リストの管理者として1人だけユーザーを指定できます。
オーナーに指定されると、メニューボタン内の各機能を利用できるようになります。(一部対象外機能あり)

オーナーになるためのアクセス管理設定

    必須設定

  • その他の設定>データ追加にて、対象機能が『○』
    イベント、リストが作成できるようになります。
  • その他の設定>メールが『一括送信』
    ボイスノート、スマートレビューで開始案内やリマインドを一斉に送れるようになります。
  • 見える情報>情報参照にて、「1.基本情報」が『◯』(全社員の顔写真が見える)
    全社員対象にリストを作成したり、回答者、対象者、参加者の設定ができるようになります。
    必ずしも『◯』でなくてよいですが、リストに追加したい人、回答者、対象者、参加者に指定したいメンバー分は見えるよう設定してください
  • 任意設定

  • 見える情報>基本情報の項目別参照にて「社員番号」が『◯』
    CSVファイルのアップロード作業ができるようになります。
    必ずしも『◯』でなくてよいですが、CSVファイルをダウンロードした際に
    閲覧不可メンバーの社員番号は「***」と表示されるため、アップロードできません。
    また「閲覧不可+追加設定を行っている」または「閲覧不可以外+除外設定を行っている」場合、ボイスノートではダウンロードされたCSVファイルには社員番号列が表示されません。

オーナーにできること

  • リスト、イベントの新規作成
  • 指定されたイベントのコピー、削除
  • 指定されたイベントの編集
    ・ピックアップリスト : リスト編集、メモタグ権限編集、メンバーの入れ替え、メモタグの入力
    ・ボイスノート : イベント編集、調査票作成、回答者の設定
    ・スマートレビュー : イベント編集、ワークフロー設計、フォーム設計、権限設定、対象者設定、参加者候補設定、確定・差し戻し通知設定、再計算
  • 開始案内やリマインドなどの通知
  • ステータス、フェーズの変更
  • フォームへの入力
  • CSVダウンロード
  • CSVアップロード(権限の制限あり)

オーナーにできないこと

  • ステータス、フェーズが終了になったインベントの閲覧
  • データ連携に付随する操作
  • バックアップデータのダウンロード
  • 帳票の一括出力
  • 添付ファイルの一括出力