カスタムCSV連携が自動連携に対応しました

リリース概要

CSVファイルを加工なしで取り込むことができる「カスタムCSV連携」が自動連携に対応しました。
カスタムCSV連携では、連携したい時に都度ブラウザからCSVファイルをアップロードする操作を行う必要がありましたが、プログラムからCSVファイルをアップロードすることで、自動的に連携を実行できるようになりました。

これにより、都度発生するデータ連携業務の簡易化および自動化を実現できます。

また、カスタムCSV連携など他システムで管理している情報をカオナビに連携するための機能「サービスブリッジ」の画面をより使いやすく改善しました。

対象機能

・管理者メニュー>システム連携>サービスブリッジ>カスタムCSV連携
・管理者メニュー>システム連携>サービスブリッジ

ご利用にあたって

「カスタムCSV連携の自動連携設定」はオプション機能となるためご利用にはお申込みが必要です。
新たにご利用を希望されるお客様は、弊社担当(customersuccess@kaonavi.jp)にお問い合わせください。

※販売パートナー経由で弊社サービスを導入された企業様は、別途販売パートナーのご担当者様へご連絡ください

詳細はこちら

管理者機能>システム連携>(カスタムCSV連携)自動連携の設定
管理者機能>システム連携>サービスブリッジとは

リリース実施日

2024年1月31日(水)
本リリースに伴うサービス停止等はございません。