#REF!

<原因>
参照しているパーツが無効な場合に発生します。
(例:参照していたパーツを削除した)

<対策>
参照先を有効なパーツに変更してください。