icon_tri_up_white Created with Sketch.

評価結果をSHUFFLE FACEで表示したい

評価結果のバランスを見たいとき、SHUFFLE FACEを利用すると便利です。

まずはじめに

SHUFFLE FACEで評価結果を利用するためには、PROFILE BOOKに評価データを登録する必要があります。

大まかな操作手順

    ① レイアウト設定:評価結果を登録する『シート』を作成する
    ② マスター管理:設定した項目のマスター設定を行う
    ③ CSV入出力:評価結果をPROFILE BOOKに登録する
    ④ カスタム設定:SHUFFLE FACEで利用する項目を指定する
    ⑤ SHUFFLE FACEで評価結果を見る

注意点

    シミュレーションを行った場合、データは自動では反映されません。
    シミュレーション結果を反映させたい場合、PROFILE BOOKやSMART REVIEWに登録しなおす必要があります。

具体的なイメージ

A.部署間の平均点や評価ランクバランスを見たい

詳細ページへ

B.点数ごとの割合が見たい

詳細ページへ

レイアウト設定:評価結果を登録する『シート』を作成する

管理者機能>レイアウト設定でシートを新規作成し、SMART REVIEWで収集された評価データを登録する項目を作成します。
作成する項目はSHUFFLE FACEで利用するもののみでかまいません。

シートの新規作成方法の詳しい解説はシート情報のレイアウト設定をご覧ください。
項目作成についての詳しい解説はシート情報のレイアウト設定>シート情報の項目を設定するをご覧ください。

レコード数は『単一レコード』に!

シートを作成する際、レコード数は『単一レコード』に設定してください。
複数レコードに設定されているシートはSHUFFLE FACEで利用できません。

利用できるパーツ

  • 縦軸/横軸に表示したい項目
    ナンバーボックス、プルダウンリスト、ラジオボタン、チェックボックス、カレンダー、計算式パーツ
  • ラベルとして表示したいもの
    テキストボックス、ナンバーボックス、プルダウンリスト、ラジオボタン、チェックボックス、日付(カレンダー)、年月(カレンダー)、計算式
  • 集計として表示したい値
    ナンバーボックス、計算式パーツ
    ※計算式パーツを設定の場合は、出力形式を数値、数値(桁区切り)、年ヵ月に設定したものに限ります。
  • おすすめのパーツ

  • 点数や金額…ナンバーボックス
  • 評価ランク…プルダウンリスト
  • 保有資格など複数選択できるもの…チェックボックス
  • 期限など…日付(カレンダー)
  • SMART REVIEW内にはない計算やPROFILE BOOK内のデータ参照…計算式パーツ
  • マスター管理:設定した項目のマスター設定を行う

    レイアウト設定で追加したパーツのうち、ナンバーボックスやカレンダーパーツ、計算式パーツで作成した項目はマスターが未登録の状態です。
    『マスター管理』で設定したマスターによって、「どのような軸で区切るか」が決まります。

    詳しい操作方法は新しいマスターを追加するをご覧ください

    選択肢を持つ項目

    プルダウンリスト、ラジオボタン、チェックボックスで作成された項目は、レイアウト設定を行った時点ですでにマスターが登録されています。
    登録漏れなどがある場合、ここから追加設定を行ってください。

    計算式パーツのマスター

    計算式パーツはレイアウト設定で指定した出力形式によって登録できるマスター型が異なります。

  • 文字列…任意の文字列
  • 数値/数値(桁区切り)…任意の数値幅
  • 年ヵ月…xx年xxヵ月~xx年xxヵ月
  • 年月日…yyyy/mm/dd~yyyy/mm/dd
  • CSV入出力:評価結果をPROFILE BOOKに登録する

    SMART REVIEWから評価データをダウンロードし、新規作成したシートにアップロードします。
    評価データのダウンロード方法についてはSMART REVIEW>CSVファイルのダウンロードをご覧ください。
    PROFILE BOOKにデータをアップロードする方法については管理者機能>CSV入出力>CSVファイルのアップロードをご覧ください。

    複数あるイベントをまとめてSHUFFLE FACEに表示したい!

    等級や職種などにより評価イベントを複数に分けて作成している場合、すべてのイベントからCSVダウンロードを行い、1つのシートにアップロードしてください。

    アップロードするCSVが複数ある場合

    2回目以降のアップロードは『新規追加モード』で行ってください。
    同じ対象者が複数のCSVに存在しているとエラーになります。
    エラーが起こった場合や、1回で登録を行いたい場合は、ダウンロードしたCSVを加工してください。

    カスタム設定:SHUFFLE FACEで利用する項目を指定する

    作成した項目をSHUFFLE FACEで利用するためには『カスタム設定』を行う必要があります。
    カスタム設定のうち、SHUFFLE FACEで利用できる設定は『ソートキー』『ラベル』『表示軸』の3つです。


    表示軸
    ラベル
    ソート(並べ替え)
     枠内の顔写真を並べ替え

    新規作成した項目以外にもSHUFFLE FACEで利用したい項目がある際は、ここで設定を行ってください。
    詳しい解説はカスタム設定をご覧ください。

    SHUFFLE FACEで評価結果を見る

    マトリクスの表示

    右側の操作アイコンを選択することで、縦軸/横軸の表示、ラベルの追加、ソート、集計などを行うことができます。

    SHUFFLE FACEの詳しい使い方はマトリクスの表示をご覧ください。
    ハイライトを表示させるにはPROFILE BOOKの絞り込み条件の保存を行ってください。

    集計対象のパーツ

    集計の対象となるのは、ナンバーボックスパーツまたは計算式パーツのうち出力形式が『数値』または『数値(桁区切り)』で作成されたものです。

    シミュレーションを行う

    画面右上の『シミュレーションを開始』をクリックすると、シミュレーション画面に遷移します。

    顔写真をドラッグすると移動できます。移動した顔写真には赤枠がつきます。

    詳しい操作方法はシミュレーションをご覧ください。

    シミュレーション開始後の軸設定やラベルの変更

    シミュレーションを開始すると表示軸やラベルなどは変更できません。
    一度シミュレーションを終了し、調整してから再度シミュレーションを行ってください。

    一般ユーザーにSHUFFLE FACEを使わせたいとき

    一般ユーザーにもSHUFFLE FACEを使わせたい場合は、アクセス管理より下記の設定を行ってください。

    使える機能

    1. 機能メニュー>SHUFFLE FACE を利用可能(○)に設定

    見える情報

    新規作成したシートを閲覧可能に設定
    ※見える範囲は適宜自社の状況に合わせてください。
    ※新規作成したシート以外にもSHUFFLE FACEで使わせたい項目がある場合は、その項目を含むシートも閲覧可能に設定してください。

    その他の設定

    データを出力させたい場合はこちらの設定も行ってください。
    5. データ出力>SHUFFLE FACE を利用可能(○)に設定

    ご意見

    問題は解決しましたか?

    ※こちらに記載いただいた内容にはご返信しておりません。ご要望・ご質問等ございましたら「お問合わせ」よりお願いいたします。
    ご意見