icon_tri_up_white Created with Sketch.

期中異動がある場合の評価

評価期間中に人事異動があった場合も、自社の制度に合わせて運用できます。

まずはじめに

ひとことで「期中異動」と言っても、評価運用の方法はさまざまです。
まずは自社の運用がどれに近いか把握しましょう。

A.異動後の上司が評価をメインで行う

A-1.異動前の上司は評価に関わらない
A-2.異動前の上司は閲覧のみできる
A-3.異動前の上司は評価入力は行わないが、閲覧や承認などの操作は行う

B.異動前後の上司がそれぞれ評価を行う

B-1.異動前・異動後の評価を別々の評価シートで行う

A-1.異動前の上司は評価に関わらない

異動後の上司が異動前の実績も加味したうえで評価を行うため、異動前の上司が評価入力を行わない場合は、評価者メンバーを異動後の上司に変更することで実現可能です。

設定方法

設定方法のpdfを開く

A-2.異動前の上司は閲覧のみできる

異動前の上司は評価入力を行わないが、対象者がどのような評価がされているのか確認させたい場合は、閲覧のみができる参加者を設定し、そこに異動前上司を設定することで実現可能です。

設定方法

設定方法のpdfを開く

A-3.異動前の上司は評価入力を行わないが、承認などの確定操作は行う

異動前の上司は評価入力を行わないが、1次評価の確定・2次評価の確定など、確定操作を行う必要がある場合、参加者に異動前上司を設定し、ワークフローに参加させることで実現可能です。

設定方法

設定方法のpdfを開く

B-1.異動前・異動後の評価を別々の評価シートで行う

異動前の評価とは別に、異動後の評価は新たに目標設定から行う場合は、イベントをコピーして異動者専用イベントを作成することで実現可能です。

設定方法

設定方法のpdfを開く

ご意見

問題は解決しましたか?

※こちらに記載いただいた内容にはご返信しておりません。ご要望・ご質問等ございましたら「お問合わせ」よりお願いいたします。
ご意見