機能別操作ガイド

一覧へ戻る
機能別操作ガイド
SMART REVIEW
評価フローの管理
カテゴリー

イベントの終了

イベントを終了する

評価フローが全て完了すると、イベントを終了させることができます。

イベントを終了する

SMART REVIEWのトップページで、終了させたいイベントのフェーズを「終了」に変更します。

『イベントのステータスを[終了]に設定します。よろしいですか?』と確認されるので、『変更する』をクリックします。

終了したイベントはグレーになります。

終了したイベントの閲覧

終了したイベントは何も設定しなければ管理者(Adm)ユーザーのみが閲覧できます。
一般ユーザーにも公開したい場合は、アクセス管理の『見える情報』で、『4. SRの終了後公開範囲設定』の設定を行ってください。
詳しくはこちら

終了後のイベントオーナーの閲覧権限

イベントを終了させると、イベントオーナーからもそのイベントは閲覧不可となります。
評価フロー完了後もイベントオーナーに管理させたい場合は終了させず、最終フェーズにとどめておいてください。

ログインIDを持たないメンバー

イベントを終了させると、カオナビにログインして評価イベントを閲覧することになります。そのため、ログインIDを持たないメンバーからは閲覧不可となります。
評価フロー完了後も閲覧させたい場合は、終了させず最終フェーズにとどめておいてください。

イベントを終了させたとき

終了したイベントの見え方

終了させたイベントでは、権限設定で設定した内容は無視されます。
代わりに、『アクセス管理』により閲覧可能となったユーザーからは、メンバーの評価詳細画面上全ての項目が閲覧可能となります。
評価詳細画面上に一部でも見せたくない項目がある場合、終了させずに最終フェーズにとどめておいてください。
イベントを終了させずに最終フェーズでとどめておいた場合、対象者とそれに紐づく参加者間でのみ入力内容が閲覧できます。
つまり、異動などで上司や部下の関係が変わっても、当時の参加者間でのみ閲覧できるということです。

イベントを終了させた方がいい時は?

例えば異動してきた部下の過去の評価を閲覧させたい、という場合です。
イベントを終了させて『アクセス管理』の設定が適用されると、『所属社員』や『配下社員』など、メンバーの所属情報に伴う閲覧範囲が適用されます。
これにより、異動があった場合でも現在の部下の過去評価を閲覧できるようになります。

問題は解決しましたか?

※こちらに記載いただいた内容にはご返信しておりません。ご要望・ご質問等ございましたら「お問合わせ」よりお願いいたします。