icon_tri_up_white Created with Sketch.

機能別操作ガイド
ダッシュボード
操作方法

DASH BOARDを作成する

画面の見方

DASH BOARDトップ

※名称にリンクのあるものは設定方法など関連ページが開きます

『ボードを作成』ボタン
新規のボードを作成します。クリックするとボード作成画面が表示されます。

ボード一覧
ボードの一覧が表示されます。ボード名をクリックすると該当のボードを画面右側に表示します。ドラッグ&ドロップでボードの並び替えができます。

ボード表示エリア
②で選択したボードが表示されます。

『パネルを作成』ボタン
ボード内に新規パネルを作成するボタンです。クリックするとパネル作成画面が表示されます。

『グラフ項目の追加・除外』ボタン
クリックするとグラフで利用する項目の編集ができます。

ボードの関連操作アイコン
ボードのPDF出力、ボード名の編集、削除の操作ができます。
また、ボードの保護ができます。

グラフ項目を編集する

グラフ項目とは

グラフ項目とは、グラフで用いる集計項目、凡例項目のことです(集計項目、凡例項目についてはこちら)。
グラフで用いたい項目がある場合、『グラフ項目の追加・除外』画面で設定が必要です。

①グラフ項目の設定画面を開く

DASH BOARDトップページで『グラフ項目の追加・除外』ボタンをクリックします。

『グラフ項目の追加・除外』画面がポップアップで表示されます。

②集計項目の追加・除外

『集計項目の追加・除外』タブを選択します。
※初期状態では『集計項目の追加・除外』が選択されています。

追加したい項目が設定されているシートを一覧から選択します。

シート名の下に追加できる項目が表示されるので、項目名を選択し、『>追加』ボタンをクリックします。

集計項目として設定できるのは『単一レコード』の項目のみです。

追加すると、該当の項目が画面右側の『DASH BOARDの集計項目』に移動します。

設定を保存する時は、『保存』ボタンをクリックします。

③凡例項目の追加・除外

『凡例項目の追加・除外』タブを選択します。

※初期状態では『集計項目の追加・除外』が選択されています。

追加したい項目が設定されているシートを一覧から選択します。

シート名の下に追加できる項目が表示されるので、項目名を選択し、『>追加』ボタンをクリックします。

凡例項目として設定できるのは『単一レコード』の項目のうち、ナンバーボックス、プルダウンリスト、ラジオボタン、チェックボックスのいずれかで作成された項目のみです。
また『マスター管理』でマスターが設定されている必要があります。

追加すると、該当の項目が画面右側の『DASH BOARDの凡例項目』に移動します。

設定を保存する時は、『保存』ボタンをクリックします。

ボードごとの項目設定はできない

グラフ項目の追加・除外の設定は、DASH BOARD全体に反映されます。ボードごとの設定はできません。

 

集計はパネルの設定と同時に開始する

集計はグラフ項目の追加だけでは開始しません。パネル設定でグラフの集計項目として設定した時点で集計を開始し、以降のデータが自動で蓄積されていきます。
※集計項目としていずれのパネル設定でも該当項目を使用しない場合、集計を停止します(再度追加すると集計を再開します)。
※レイアウト設定から該当項目を削除した場合も集計を停止します。

グラフ項目に設定できない時は・・・

グラフ項目として設定できる項目は、『単一レコード』のみです。登録したい項目がリストに表示されない場合、『レイアウト設定』を確認してください。

 

項目を除外する場合

項目を除外する時は、追加の時と同様項目名を選択し『<除外』ボタンをクリックします。
※項目を除外した場合、集計を停止します。


 

ボードを作成する

①『ボードを作成』ボタンをクリック

画面左上の『ボードを作成』ボタンをクリックします。

初期状態では「所属別メンバー数推移レポート」ボードが作成されています。

②ボードを作成する

ボード名、ボード詳細を入力し、『作成』ボタンをクリックします。

ボードを作成すると、作成したボードに遷移します。

パネルを作成する

①ボードを選択する

パネルを作成したいボードを選択します。

②パネル作成ボタンをクリック

『パネル作成』ボタンをクリックします。

パネル設定画面がポップアップで表示されます。

③パネルタイトルを入力する

パネルタイトルを入力します。

④縦軸を設定する

縦軸を設定します。
今回は例として、集計項目に『メンバー』、凡例項目に『勤続年数』を指定します。

⑤グラフの種類を選択する

グラフの種類を「折れ線」「棒」「積み上げ」から選択します。
今回は例として「積み上げ」を選択します。

どんなグラフを選択すればいい?

折れ線 集計結果の大小を比較したい時
集計結果の推移を見たい時
積み上げ 集計結果の推移の要因を見たい時

⑥横軸を設定する

横軸を設定します。今回は例として「年」を選択します。

横軸の表示期間

設定した期間により表示期間が異なります。

作成年より過去5年間
作成月より過去12ヶ月
作成週より過去8週間

⑦縦軸(2軸)を設定する

必要な場合、もう一方の縦軸を設定できます。
設定する時は『縦軸(2軸)』の横のスイッチを有効にします。
設定方法は上記「④縦軸を設定する」「⑤グラフの種類を選択する」と同様です。

⑧パネルのサイズを選択する

パネルのサイズを選択します。
『M』を選択すると、パネルをボード一行に2つ並べられるサイズで設置します。
『L』を選択すると、パネルをボード一行に大きく1つ並べられるサイズで設置します。

サイズの違い

Mを選択した場合

Lを選択した場合

⑨設定を保存する

最後に『作成』ボタンをクリックします。

パネルが作成されます。

集計項目のデータ更新と集計のタイミング

集計項目のデータ更新

集計項目に選択した項目は、PROFILE BOOKまたはCSV入出力から定期的にシートのデータ更新を行ってください。
データ更新を行う際は、次の集計のタイミングに注意してください。

集計のタイミング

集計のタイミングはパネル設定で横軸に年、月、週のどの表示期間を選択したかによって異なります。
API連携などを行っている場合は更新タイミングの参考にしてください。

年初〜年末までを集計対象期間とし年末を集計基準日とする
月初〜月末までを集計対象期間とし月末を集計基準日とする
月曜〜日曜までを集計対象期間とし日曜を集計基準日とする
  • 例1)表示期間:年
    2020年1月1日未明~夜明け前に2019年分の集計が行われ、それ以降に更新したデータは2020年のデータとして次回2021年1月1日に集計される
  • 例2)表示期間:月
    5月1日未明~夜明け前に4月分の集計が行われ、それ以降に更新したデータは5月のデータとして次回6月1日に集計される
  • 例3)表示期間:週
    月曜未明~夜明け前に前週の集計が行われ、それ以降に更新したデータは次週のデータとして次の月曜に集計される
ご意見

問題は解決しましたか?

※こちらに記載いただいた内容にはご返信しておりません。ご要望・ご質問等ございましたら「お問合わせ」よりお願いいたします。
ご意見