公開API バージョン2でシート更新時に履歴を残せるようになりました

概要

公開APIバージョン2では、これまで単一レコード(履歴ON)のシート情報を更新した際の履歴作成に対応しておりませんでした。
今回の改善により、シート更新時に履歴が記録されるようになりました。

追加内容

API v2で単一レコード(履歴ON)のシート情報を更新した際に履歴が記録されるようになりました

詳しくは「 APIドキュメント」をご確認ください。

ご注意

公開API v2は、これまで提供していた公開API v1とは設定できることが異なります。
公開API v2を利用する場合は、公開API v2用アクセストークンを取得してください。
2022年度を目処に、公開API v1のサポート終了予定です。
※時期が決まりましたら、改めてサポートサイトにてお知らせします。

リリース実施日

2021年3月31日(火)
本リリースに伴うサービス停止等はございません。